無題のままで

なにかをかいています。日記にもならない。

せいしんとからだのつながり

最近とみにせいしんとからだのつながりの重要性を感じます。

お久しぶりです。

ここ何か月か、ずっと更新していませんでした。更新する時間も、自分の趣味をやるエネルギーも残さないような生活をしていたために、いろいろとよろしくないことがあったので、ブログが書ける生活にすることで少しほっとしようと思います。気まぐれですいません・・・。

体重を増やすことや、何故か人前で食べること、夜家で食べられない状況(例えば勉強や飲み会などで夜遅くなること。朝、昼に家で食べられないのはなぜか大丈夫)がとても怖いのですが、

そうすると「死んでしまう気がする」「消えてなくなる気がする」のです。

実際はそうではないのに。何度もチャレンジして、最近は何度も夜遅く帰ってみたりしていたのですが、気づくとまた言いようのない焦りと怖さがやってくる。思ってみれば、危機的な体重で、安心できる家で食べられるようにしたくなるのは、そこまで否定することではない、今は仕方ないと思えるようになりました。

甘やかしだというなら言われてもいい。自分のことは自分で守らないといけないなあと思います。たぶん実はそのほうが周囲の人も楽なんじゃないかなと。何かしら余裕をもちたい今日このごろです。